« 日本郵船の吊り広告 | トップページ | 7月23日 こまっちゃクレズマ at MANDA-LA2 »

7月22日 ミンガセネガル at バレルハウス

終業後、池袋へ。東武百貨店の地下をしばらくうろうろ。先日、たまたま「AJANTA」のサイトを見たら、同店の地下に出店していることになっていたからだ。十数年前に西武の地下を改装したとき以来、池袋に店はないと思っていたのだが。
ネットで検索してもみたのだが、少なくとも数年前には、売店(イートイン不可)があったらしい。でも、最近そこで買ったとかいう記述は見当たらない。だけど、カレー店のリストを載せているサイトにも出ているんだがなあ。
それで、確認してみようと思ったわけだ。池袋は比較的立ち寄ることの多い街なので、もし、今でもあるのなら便利だなー、と。
結論としては、今はない、ようだ。サイトの方は見直してみると、何年も更新せずにほったらかしのようだ。いかげんだなー。さすがにインド風の悠久の時間がたゆたっていたりするのだなあ。
しかし、デパ地下というところは、売っているもの売っているものみんながおいしそうに見える。手ごろな値段の弁当類、惣菜類もあり、しかもこの時間だと、値引きになっていたりもして、いくつか買いたくなってしまう。このまま帰宅するのであれば、絶対に何か買っているが、今日はそういうわけにもいかない。それにしても近所のスーパーやコンビニの弁当、惣菜とくらべてバラエティの豊かなことよ。池袋に住んでいたころにはデパ地下には寄らなかったが、もったいないことをした、といまさらながら後悔。
19時50分ごろバレルハウス着。このあいだ書いたサッポロラガーがいつの間にかなくなっていて、黒生にかわっている。残念。仕方ないので、エビスの生中と、夕食を取る時間がなかったので、また、鯨の竜田揚げを注文。前回ちょっと驚いたほどのボリュームではなく、常識的な量になっている。今日は事前に何も食べていないので、ちょっと残念。
入りは、用意された席がすべて埋まるぐらいで、丁度よし。今日の客は若い人が多い。Think Tank経由で紗知さんを知ったクチのようだ。筆者と同じ最前のテーブルに座っていた男2人+女1人のグループも然り。いろいろなきっかけで紗知さんらのリスナーが増えるのはうれしい限りだが、ヒップホップのファンが紗知さんらの音楽をも楽しめるというのは、感覚的には、いまひとつ分からない(悪いと言っているわけではない)。MINGAはリズムが最前面に出ているユニットだからだろうか。
今日のメンバーは早坂紗知(as,ss)、永田利樹(b)、ワガン・ンジャエ・ローズ(サバール,コンガ)、アブドゥ・バイファル(ジャンベ)。
20時7分ごろ開演。1st setは45分強で5曲。オリジナル(「nbagi」)あり、スタンダードあり、アフリカの曲あり。5曲目の「LIGEYOU NDEYE DOM」でのセネガル・コンビの打音が耳を直撃。鼓膜が震えているのがよくわかる。
休憩35分ほどで、2nd set。1曲目に「サマータイム」。紗知さんのサックスは、この曲が一番さえていたと思う。というか、スタンダード中のスタンダードだけに、個性がもっともはっきりと現れる、ということかもしれない。
次にセネガルの曲。アブドゥの指導で、客も歌う。でも、スワヒリ語(だと思う。他のアフリカ言語かも知らんが)なんてさっぱり分からないから、まるで長い呪文を憶えるようなもので、たいへん難しい。憶えるそばから忘れていく。カウンターの中からも「難しい!」との声が。
次に「お母さんごめんなさい」。
そして「Lucifer's Bebop」。またまたセネガル組のパーカッション炸裂。鼓膜が破れるかと思った。
最後に「舟が出る」。これも客に歌わせる。こちらは日本語詞でやったので、それほど難しくない。
ここまで50分ほど。アンコールがかかったので、「舟が出る」をさらに続ける。紗知さんの希望でアブドゥがダンスを披露。狭い場所でだが、さすがはセネガル国立舞踊団。ジャンベも歌もよいが、ダンスもすばらしい。アンコールは3分ほど。
今日はパーカッションが、西洋系、ラテン系が皆無で、アフリカ系ばかりだったので、全体的にきわめてアフリカ色の強い印象の演奏であった。
また、終演後、永田さんや紗知さんとも話したのだが、サバールやジャンベの直撃を食らうと、もともと通信手段としても使われていた、というのが実感としてよく分かる。この音なら何キロも先まで「向こうのほうから象がー来ーたぞ、みんなーでーやっつけよーおー」((c)タモリ)と伝わるわけだ。紗知さんが言うには、狭い店内なので、これでも音は抑えていた、とのこと。フルスロットルでやると、どんな感じになるのだろう。そういう機会があれば、ぜひとも(もうちょっと離れて)聴いてみたい。

« 日本郵船の吊り広告 | トップページ | 7月23日 こまっちゃクレズマ at MANDA-LA2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/1032827

この記事へのトラックバック一覧です: 7月22日 ミンガセネガル at バレルハウス:

« 日本郵船の吊り広告 | トップページ | 7月23日 こまっちゃクレズマ at MANDA-LA2 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja