« 5月5日 こまっちゃクレズマ at 新宿Pit Inn | トップページ | PTSD? »

5月5日 渋さ知らズ劇場 at MANDA-LA 2

こまっちゃ終演後、時間があるので、新宿紀伊国屋書店で時間つぶし。とは言え、活字本をゆっくり選んでいるほどの時間はないので、フォレストのコミックコーナーを見るのみ。
品揃えの問題か、行きつけでない本屋なので探しにくいためか(おそらくその両方)、買う予定の本があまり見つからない。いしいひさいち・峯正澄「帰ってきた『大問題』'01~'03」、喜国雅彦「日本一の男の魂(12)」を買う。予定外のものとして、石ノ森章太郎「石ノ森章太郎 変身ヒーロー画集-Before 1975-」を買う。結構高い本なので迷ったのだが、経験則によると、こういう場合は買わないと、たいてい公後悔するのである。
ほどよい時間となり、そこそこの行列。問題なく座れる。開演までに大体満席。
出演者は片山広明、泉邦宏、小森慶子、鬼頭哲、北洋一郎、辰巳光英、高岡大祐、大塚寛之、中島さちこ、不破大輔、関根真理、倉持整。
1st set、「行方知れズ」1曲55分。計画的ではなく、気がついたら1時間たっていた、という感じらしい。終盤の片山と小森のデュオがノリも演奏もたいへん良し(特に小森さん)。
2nd set1曲目は「NAADAM」。20分。中島、倉持のそれぞれのソロがgood。
2曲目「反町鬼郎」。20分。全体的に音が厚く、この人数でも決してオーケストラに負けていない。大塚のソロが良い。
3曲目「火男」。15分。北のソロから始まり、高岡が加わり、全員。
4曲目「エエジャナイカ」。15分。このあとやっとメンバー紹介。おまけに「仙頭」を3分ほどやって終了。
「渋星」とか「自衛隊に入ろう」を買いたかったのだが、今日は物販はなし。そのかわり、というわけではないが、洋楽CD輸入規制反対署名コーナーあり。メンバー紹介時に不破さんのアピールもあり。署名しておく。それにしてもミュージシャン自身にすら支持されていなくて、なにが著作権保護だか。文化庁も国会議員もいいかげんにしろ。

« 5月5日 こまっちゃクレズマ at 新宿Pit Inn | トップページ | PTSD? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/618900

この記事へのトラックバック一覧です: 5月5日 渋さ知らズ劇場 at MANDA-LA 2:

« 5月5日 こまっちゃクレズマ at 新宿Pit Inn | トップページ | PTSD? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja