« 「援助交際」という言葉 | トップページ | CDの売れ方 »

4月27日 missing link at Grapefruit moon

開演20分ぐらい前に着いたら、2・3人しかいない。さびしいな、と思っていたら、開演までにはそこそこの入りになる。
1st stageは、まず「yeti's run」と「DANCE」を続けて。早川さんのベースがむちゃくちゃでかい。ベースアンプの真向かいに座っていたので、はらわたを直撃される。
つづいて「foot it!?」~「suzy」~「K's walk」。「K's walk」でのベースソロがたいへんよい。
メンバー紹介などをはさんで「t.nakayama's improvisation」~「marguerite」。最後に「Looking Afer Life On Mars」(isotope217°のカバー)。
休憩をはさんで、2nd stage。まずは「Erika Marie」。これはNaveさんの姪(姉の娘)が生まれたころに作った曲で、その名前をつけたものだそうだ。そういう話をすると、メンバーが一斉に「へ~ へ~」。
次が「N-FUNK」。Naveさん曰く「中根さんに捧げます。」中根さん「いらない、いらない。大変なだけだ。」
MCや、各メンバーの宣伝などをはさんで「for Cuba」~「in Cuba」~「m.sekine's improvisation」~「Tarsan in Tokyo」~「The spell was casted.」
次に「Carnival Baby」。たいへんノリよし。
ラストは「平和に生きる権利」(V.Jara)。イントロのベースソロがあまりにでかい音で、思わず笑ってしまった。
トータルで2時間20分ほど。たっぷりの演奏だった。
終演後、早川さんや大河画伯らと雑談。大河画伯の買った「hone(骨)」が画伯宅のプレーヤーで再生されない話など。早川さん曰く「それはプレーヤーの寿命だよ。」画伯宅のプレーヤーとStudio WeeのCDは相性が悪いのかもしれない。

« 「援助交際」という言葉 | トップページ | CDの売れ方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/515608

この記事へのトラックバック一覧です: 4月27日 missing link at Grapefruit moon:

« 「援助交際」という言葉 | トップページ | CDの売れ方 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja