« 大人の音楽 | トップページ | 4月15日 林栄一・國仲勝男 at Buddy »

4月10日 山本正之「ザ・春のおたのしみSHOW」

なんかすごいタイトルだな。たしかに「コンサート」とか「ライブ」というより、「ショー」のおもむきではあったが。
会場はペアーレ新宿。昨年の「THE アメリカナイト」と同じである。開場には少し遅れてしまったが、2列目に座れる。整理番号(178)からすれば大変良い席である。
開演前に「ライヴ刊・山本朝廷」29・30と「ラジオがだいすき」(山本正之と青春ラジメニア)を買う。今日もデオドラント・ガールズが出没している。
DMでふれていたとおり、2部構成になる。
第1部は「デンジャラスアワー」。3時丁度の開演。例によって終演後配布されたセットリストから、曲目を転記しておくと、次の如し。
1「ああ大和朝廷」 2「私のカレは隠れ切支丹」 3「おお真光」 4「恋の上九一色村」 5「祝福の歌」 6「正調パトリオット音頭」 7「バイバイハイジャック」 8「北の金さん」 9「ふわふわ共産党」 10「うぐいすだにミュージックホール」 11「裸のスター」 12「哀愁のラブホテル」 13「愛のロリータ」 14「大流行鳥インフルエンザ音頭」 15「おくすり百貨店」 16「新型・泡沫シンドローム」
1~5が宗教ネタ(1は違うかも)、6~9が政治ネタ、10~13がエロネタ、14~16が医療と社会現象、だそうだ。
1はおなじみの曲の最新版。2では「あるときは」の部分に各種宗教団体名を入れて繰り返す。4はむかし、一節を披露しただけだったと思うが、いつの間にかフルコーラスになっている。5は統一教会ネタ。
6も随分長くなっている。しかし、なんだかんだ言ってもアメリカには甘いなあ。
11はなんとかいう日活のポルノ女優が歌って、映画にもなる予定だったのが、その女優がドラッグの打ちすぎで廃人同様になっちゃって、レコーディング当日に来なくてそのままお蔵入りになった曲だそうだ。13は演劇部隊Chatter Gangの岡田優香とデュエット。だいぶリハ不足なのか、間違いまくり。
14は一番が「大流行インフルエンザ音頭」で二番が「大流行鳥インフルエンザ音頭」。15、6の裏返しとして、アラブにはきつすぎると思う。
第1部終了までで100分。15分の休憩。この間、斜め後ろに座っていたおねーちゃん(というほど若くはないが)が、「愛のロリータ」について、「こんな曲がよくまあ、テレビで流れていたもんだ。」とか言っていたけど、あの曲はテレビとは関係がないぞ。「ななこSOS」がアニメ化の1年前にイメージソング(イメージアルバムにあらず)になったときのB面だ。「ななこ」か「ポロン」のエンディングテーマと間違えていないか。
第2部は「オールディーズナイト立身出世篇」。こちらも曲目を転記しておく。
1「東京でひとり」 2「恋はこの世の魔物なり」 3「プリント模様の赤い傘」 4「吹きっさらしのこの駅を」 5「マダムシルクと怪傑ゾロのお話し」 6「ゲキガスキー大脱走」 7「超空飛来ゴールドライタン」 8「ノリノリおしょうさん」 9「あいどるチャンチャカチャン」 10「アメママンの歌」 11「去年のコンサートのそれぞれの批評」 12「ああ出羽の花」 13「新宿ゴールデン街・みつこ」 14「さみしいね」 15「アフロディテを海に残して」 16「栗の実エレジー」 17「宿題」
1を歌い終えた後(前だったかも)、「デンジャラスアワーだけ聴いて帰ってしまったらどうしようかと思った。」「さっきまでここで歌っていた人は、あれは別人ですから。」
6は「ハレー彗星」(ゲキガスキーのテーマ)の別案。7は「黄金戦士ゴールドライタン」の別案。この後、セットリストにはないアニソンメドレー。黄金戦士ゴールドライタン~ヤッターマンの歌~逆転イッパツマン。
9は平野雅昭の「演歌チャンチャカチャン」の次回作として依頼されたもの。レコーディングまですんでいながらお蔵入りになったとか。「いただきマンボ」と似たコンセプトの曲だなー、と思って聴いていたら、自ら「まるでパクられたみたい」と、ふれていた。
10は間寛平本人から頼まれて作った曲。デモテープを渡した翌日に間寛平がノミ行為で逮捕されてしまって、お蔵入りになったものだそうだ。
11は第2回コンサートのときに、第1回のコンサートの感想(主に身内。甲本ヒロトの名前があったりしておもしろい)を歌にしたもの。
16・17はアンコール。16は、「愛別離苦」が歌詞に入った、いちばん古い歌とのこと。17は例によってハーモニカ+アカペラ。
7時ぴったりに終了。DMに「夜7時までには絶対におわります。…つもり。」と書いてあったとおりの終わり方だ。それにしても長丁場。聴くほうもなかなかたいへんでした。(ギター1本だし、演奏的にははっきり言ってそれほど聴かせるものでもないし。ナカミは面白いんだけどね。)
帰りの電車内で、喧嘩かなんかがあって、途中駅でしばらく止まる。駆けつけた車掌におろされて、発車したようだ。本当にいい歳をして情けないやつがいる。他人に迷惑をかけるもんじゃない。イラクの人質か。

この前日、ヤフオクでDangerの1stアルバム(未開封)落札。

« 大人の音楽 | トップページ | 4月15日 林栄一・國仲勝男 at Buddy »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/437186

この記事へのトラックバック一覧です: 4月10日 山本正之「ザ・春のおたのしみSHOW」:

« 大人の音楽 | トップページ | 4月15日 林栄一・國仲勝男 at Buddy »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja