« 2月25日 片山広明・勝井祐二・内橋和久・古澤良治郎 at 音や金時 | トップページ | たまにはおたくな話でも »

2.26 早坂紗知Birthday Concert Vol.18 at Buddy

恒例の2.26コンサート。出演は1月25日のmingaのメンバー+山下洋輔。
例年のごとく、大入り満員、立ち見多数である。2.26は普段ライブに来ない紗知さんの友人も多数来るみたいだね。
定時を3分ほどすぎて開演。パーカッションの3人+永田さん登場。で、パーカッショントリオによる演奏数分間。大変心地よいリズムである。
つづいて紗知さん登場。「チルドレン・チルドレン」(早坂)と「白夜」(早坂)を続けてやる。
ここでMC。挨拶、曲目紹介、メンバー紹介。
そして山下さん登場。勢ぞろいでの1曲目は「Brake Up!」(早坂)。つづいて「ピカソ」(山下)。演奏前には山下さんによるおなじみのピカソフルネームの暗誦。最後の「ピカーソ!」を歌うように数回繰り返す。紗知さんのアドリブとコスマスのパーカッションがたいへんすばらしい。
「ピカソ」は、今でも山下さんは時々演奏しているが、たしかCDにはなっていないはず。LPでは、「Live & Then …PICASSO」にスタジオ録音版が、「In Europe 1983」にライブ版が収録されている。
このライブ版のほうは、当時の私の大のfavoriteで、毎日のように聴いていた。おかげで、私もピカソのフルネームを暗誦できるのだ。その「ピカソ」をmingaで聴けたのはたいへんうれしかった。
次に「タコクラゲ組曲」(早坂)で休憩。
休憩中、チラシを配っている人がいる。よく見ると、大儀見さん本人が4月6日のSALSA SWINGOZAのチラシを配っているのであった。
2nd setの最初は2.26コンビのデュオ。山下さんの書き下ろしで、仮タイトル「バラード04」。
つづいて全員で「キアズマ」(山下)。「ベンゴ」(同名の映画より)。小畑さんのギター、永田さんのアルコが迫力大。紗知さんもノリよし。
次は永田さんの新曲「ウモドラード」。金の煙、という意味だそうだ。
ラストは「カナビスの輪」(早坂)。イントロでまたまたパーカッショントリオで7~8分。mingaのパーカッション部隊は何度聴いても大迫力である。アンコールは「カーサ・ミンガ」(永田)。大好評のうちに大団円。
終演後、大河画伯が私を見つけて、話しに来た。画伯は少し遅れてきたために、ずっと立ち見だったそうだ。「ピカソ」の話など。画伯も「In Europe 1983」を持っているそうだ。林さんが参加しているので買った、とのこと。
その後、紗知さん、永田さんに挨拶。やはり「ピカソ」の話など。「えー、『ピカソ』ってそんなに古い曲なの。」と紗知さん。「よく知ってるね。」そりゃそうです。私は山下さん経由で紗知さんを知ったんですから。永田さんとは先の新曲のタイトル確認など。「ドラード」は「エルドラード」のドラードですね、という話しなど。

« 2月25日 片山広明・勝井祐二・内橋和久・古澤良治郎 at 音や金時 | トップページ | たまにはおたくな話でも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/249772

この記事へのトラックバック一覧です: 2.26 早坂紗知Birthday Concert Vol.18 at Buddy:

« 2月25日 片山広明・勝井祐二・内橋和久・古澤良治郎 at 音や金時 | トップページ | たまにはおたくな話でも »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja