« 3月23日 TRIO at 新宿Pit Inn | トップページ | 梅津和時KIKI BAND「Live at MOERS JAZZ FESTIVAL」 »

3月24日 DANGER at 新宿Pit Inn

「梅津和時プチ大仕事2004」2日目。
Pit Inn入り口には巨大な花輪が置かれている。中外製薬よりキヨシローに贈られたものだ。「祝」とあるけど、なにかめでたいのだろうか、というギモンがふと頭をよぎる。新人ジャズ・ミュージシャンがPit Innに出演するのなら確かにめでたいことだろうけど。まあ、こういうものは決まり文句だからしかたないか。もうひとつ花輪が。これは「ゆず」から。ゆずとキヨシローって、なにか関係があるのか?
今日のチケットは発売直後に売り切れたらしい。それくらいすさまじいものだから、椅子席は2・3列かと思っていたら、6列もあった。ちなみに後で聞いたら、発券数は二百数十だそうだ。
さて、そんな数多のキヨシローファンを尻目に最前列に座る。といっても、キヨシロー側ではなく、早川さんの真正面である。
まずはDUBの4人が登場。梅津さん曰く「DANGERの前座を務めますDUBです。1曲だけやります。でも、1曲で1時間ぐらいやります。」で、「POP UP」を演奏。勿論1時間と言うのはジョークである。DUB、いいなー。DUBだけのライブもまた聴きたいなー。
ここでいきなりゲスト。「チラシには載せてなかったんだけど」と言いつつ紹介されたのが厚見玲衣。隠しゲストも大物だ。すげーなー。
そして5人で演奏を始め、その途中からキヨシローがギターを弾きながら登場。これより厚見玲衣入りDANGERとなる。梅津さんはサックスだけでなく、ピアノを弾いたり、大活躍。
1st setは、ラストにやった「貴女のお嬢さんに」が面白い。原曲は比較的静かな曲だが、厚見さんがサンプラーをバリバリ鳴らし、DUB組も走りまくり。思いっきりアバンギャルドな「貴女のお嬢さんに」であった。
2nd setはまず、DUB+厚見で2曲。「デコボコ山」と「キャナル」である。つづいてキヨシロー登場。このセットも梅津さんはピアノを弾くわ、アコーディオンを弾くわ、八面六臂である。
アンコールでは「ニュー・ブルーデイホーンズというバンドがありまして、せっかくだからこれでやります。」ということで、第二のゲスト、渡辺隆雄登場。ところがステージ下手に置いてあったはずのトランペットケースがない!いくら探しても出てこず、とうとう渡辺さんが「先にやっていてください。」と言い出す始末。でも、「君が入る前提でアレンジしているから。」ということでさらに探す。結局、上手の客席前方に積み上げた諸々の中から発見。「キヨシローくんがなぜかソプラノサックスを持ってきたのかと思って片付けちゃった。」と梅津さん。
キヨシロー「日本の有名なロックをやります。」ということで「上をむいて歩こう」。これがまた立派にDANGER風味になっている。
さらに3人目のゲスト、三宅伸治が登場して「雨上がりの夜空に」ですべて終了、でありました。
ちなみに、今日のライブで一番感じたことは「早川さん、音でけー。」ということ。真正面に座っていたせいもあるけど、でっかいアンプ持ってきて大音量で鳴らしていましたからね。きっと気合が入っていたのでしょう。
終わってから、早川夫人とベースがでかくて良かった、などという話をして、帰宅。

« 3月23日 TRIO at 新宿Pit Inn | トップページ | 梅津和時KIKI BAND「Live at MOERS JAZZ FESTIVAL」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/367063

この記事へのトラックバック一覧です: 3月24日 DANGER at 新宿Pit Inn:

« 3月23日 TRIO at 新宿Pit Inn | トップページ | 梅津和時KIKI BAND「Live at MOERS JAZZ FESTIVAL」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja