« 財界トップは人情のわからん馬鹿者だ | トップページ | 2月17日 豚どんぶり他 »

1月26日 Coil+石間秀機・中山努 at Grapefruit Moon

諸般の事情でものすごく遅くなってしまったが、1月26日のCoilのライブである。お待たせしました。って、誰も待っていないか。書かないと自分が納得しない、というだけの話だな。
Coil、Grapefruit Moon初登場である。
Grapefruit MoonにはMissing Linkでしか来たことがない。今日はなかなかの入りで、しかたがないので後ろのほうで聴く。
大河画伯は今日もいない。「どけい」(例の腕時計のこと)の件は伝わっているらしい。喜んでくれているらしい。
知り合い多数。片っ端からどけいを見せる。評判上々。5個も持っているので、私が売っているのかと思って欲しがる人もいる。東京キララ社さんから直接買ってくださいね。
世界一の鬼怒ファンであるSさんに、鬼怒さんがコメントを寄せている、ジャズシリーズのパンフレットを進呈する。Kさんからは、今度Kさんが主催する鬼怒さんのソロライブのフライヤー(ポストカード)を進呈される。もちろん大河画伯のデザインである。今日、受け取ってきたばかりだそうだ。しかし、とっくに予約満了なので、「完売しました。」と入っているという前代未聞?のフライヤー。大河画伯らしいね。ついでにナンバー入り。私がもらったのは「03/30」。残りのほとんどはお客さん(25名限定)へのプレゼントになるのかな。
1st setは、まずCoilで2曲。1曲目から鬼怒さんのギター、飛ばしまくりである。それにしても、いつもながら超絶的な演奏だ。
その後、石間、中山ご両人登場で、セッションとなる。はじめはスロー気味だが、だんだんはじけていく。長めの曲1曲でおしまい。1st setはトータルで45分ぐらいと、ちょっと短め。
休憩をはさんで2nd set。また、Coilで2曲やって、ゲスト二人の登場。このあたりになってくると。ぴたー、とはまってきて、違和感もまったくなく、この5人で1つのバンドです、と言われても信じてしまいそうだ。
2nd setは長めで、約70分。さらにアンコールを10分強。1st setの短めだったのを補って余りある演奏時間。いや、勿論、「量」だけでなく、「質」もたっぷり、なのだが。
いやー、ホントに楽しかった。睡眠不足で眠くて仕方ないけど。
帰り際、鬼怒さんや早川さんと立ち話。お二人にも「どけい」を見せる。鬼怒さんは「何?どうしたの?これ」と言う感じの反応。早川さんは笑っていた。

« 財界トップは人情のわからん馬鹿者だ | トップページ | 2月17日 豚どんぶり他 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/207932

この記事へのトラックバック一覧です: 1月26日 Coil+石間秀機・中山努 at Grapefruit Moon:

« 財界トップは人情のわからん馬鹿者だ | トップページ | 2月17日 豚どんぶり他 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja