« 吾妻ひでお原画展ほか | トップページ | 梅津和時プチ大仕事2004 »

1月20日 NAADAM at アケタの店

今日はThe DOORSで「初台高価音集」なるものもやっていて、梅津和時KIKI BANDも出演している。こちらも気になるのだが、またスタンディングだとしんどいし、4組も出演するので、出番も短いだろうし、NAADAMは、このあと、春までライブはないそうだしで、NAADAMに決定。
さて、開演。メンバー4人のほかに、女性キーボード奏者がいる。おお、ゲストか。とか思って聴いていると、しばらくするともう一人、テナーサックスが登場。こちらはマイクの用意もなかったので、まったくの飛び入りか。
曲はインプロ(と思う)を2曲ほど。各25分くらい。つの犬がドラムセットにおおいかぶさるような感じで、一見、危ないような感じの演奏をしていた。
15~20分ぐらいの休憩をはさんで2nd set。メンバーの一部が外に出て行っていて、戻ってないにもかかわらず、林さんが「いないから3人で始めちゃおう。」と言って、林・伊藤+キーボードで演奏を始める。伊藤さんのベースがさえている。エレベにかえてから、NAADAMの個性というのがよりはっきりしてきたように思う。
曲は「平和に生きる権利」。途中からつの犬が戻ってきて加わる。このセットは、いつものつの犬の強力なドラミングであった。しばらくして斉藤社長も戻ってきた。社長特有のアドリブ。高音が耳に突き刺さりそうだ。
しかし社長、アドリブもすごいが、最後のほうで林さんとのユニゾンになると、これがまた、ぴたー、ときまる。いやー、素晴らしいなあ。
あと1曲やって、おしまい。2setあわせて、85分くらいと短めでした。
最後に林さんがメンバー紹介をしたのだが、キーボードは、「ナカジマさん」とだけ。林さんも下の名前を忘れたみたいだった。テナーサックスは紹介せずじまい。正解は中島さち子さんと峰厚介さんでした。

« 吾妻ひでお原画展ほか | トップページ | 梅津和時プチ大仕事2004 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8411/121019

この記事へのトラックバック一覧です: 1月20日 NAADAM at アケタの店:

« 吾妻ひでお原画展ほか | トップページ | 梅津和時プチ大仕事2004 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ninja